091017

IMG_4330.JPG

ウェディングフォトグラフィー/フォトグラファー Yuji Nishijima

Tea plantation worker ‘3 (Srimangal)

HP10421.JPG

Tea plantation worker ‘2 (Srimangal)

HP10423.JPG

Tea plantation worker (Srimangal)

HP10420.JPG
バングラディッシュ北部の町スリモンゴル。
そこには数多くの茶農園が存在し、
以前からインドの移民としてやってきた労働者が
生活を営んでいる。
彼女たちの生活環境はとても厳しく、1日働いても1ドルにも満たない
賃金しかあたえられない。そして、その環境から脱することすらできない
状況に今もいる。
労働とは
人間の尊厳とは
一杯のティーカップの重みを強く
感じさせられた。

Stone workers of sylhet ’3

HP0869ss

Stone workers of sylhet ’2

HP0851

Stone workers of sylhet

HP0883s
7年ぶりのバングラディッシュ。
ラマダン(断食)の月ということもあって、
猥雑とした町並みの中にもイスラムの祈りの鐘が街中に響いていた。
雨期の明けまじかのバングラは、湿度がとても高く
ジメジメとした日が続く。
そんな中、今回の取材目的地のひとつシレット地区へと向かった。
ここは、インド国境に近い町で、以前から採石場の町として栄え、資源の少ないこの国の建築材料として
全国各地に運ばれている。
推定で、2500〜3000人もの人々がこの町で肉体労働をしているという。
1日、3〜5ドル以下の賃金で、過酷な肉体労働に精を出す人々。川辺には、
無数のボートがそこに点在し、川底に溜まった石を潜っては汲み上げては小舟のボートに乗せ、
山積みになるまでそれを繰り返し、岸辺に持ち帰る。
老若男女、泥まみれになり、水、石、泥と格闘しながら毎日を生きている。
作業工程は、とてもシンプルなものだけど、今の現代に忘れ去られようとしている
手仕事の原点がそこに在った。そして、末端で力強く生きる彼らの姿勢から、
リアルな人々の息づかいを感じた。
ある労働者は、こう呟いた。
『お前は、日本に生まれ落ちただけでハッピーだ。
今の生活は、今後も俺たちは変わることがない。』
比べることになにも意味がないが、
感慨深い一言だった。

清貧なる人びと

HP0006.JPG

梅雨の樹木

DPP_38034.JPG

高野山へ

DPP_34951.JPG
6月の初め、もう何年ぶりになるだろう
高野山に向かった。
そこには、以前と変わらない時間が流れていた。
大切なものを忘れかけた時に、
記憶に立返られる、大切な場所、人がそこに存在することに幸せを感じた。
無量光院の皆さん、良い時間をありがとう。