ヴィリニュスの風を感じて

バルト三国を巡って…

人が何かに祈りを捧げる姿に、心が洗われる。
その土地に住まう人々が教会に託した、思いを感じつつ、祈りの世界に触れる。
時と場と建築は、今の時代に語り問い続けている。
悲劇の街にも、光は訪れ、新たなる生に循環してゆく。

時は止まることなく…