PORTFOLIO

Fashion Week TOKYO

tfw_0001
tfw_0002
tfw_0003
tfw_0004
tfw_0005
tfw_0006
tfw_0007
tfw_0008
tfw_0009
tfw_0010
tfw_0011
tfw_0012
tfw_0013
tfw_0014
tfw_0015
tfw_0016
tfw_0017
tfw_0018
tfw_0019
tfw_0020
tfw_0021
tfw_0022
tfw_0023
tfw_0024
tfw_0025
tfw_0026
tfw_0027
tfw_0028
tfw_0029
tfw_0030

PORTFOLIO

福島 憂い大地と人々

2011年3月11日。東日本大震災から4年半の歳月が流れます。

断ち切れない心と複雑な感情を胸に、忘れ去られようとしている記憶を残したいという想いから撮影を始めました。
現場に向かっても、向き合えなかった私は、当初数枚しかシャッターを切ることができなかった。
何度通っても、自問自答の日々が続いた。
以前、アメリカ侵攻後のアフガニスタンを訪れた時に、見た情景とあの時抱いた想いとが交差した。

福島第一原発事故をキッカケに、時が止まり、何もかもが機能しなくなった町と無音の世界。
生まれ落ちた場所を、苦渋の選択の末、離れざるおえなくなった人々の悲しみ、苦しみ、怒り、悔しさ、そして絶望の果てに見えたもの…
カオスそのものだった。

経済最優先の世の中で、同じ過ちを繰り返さない、忘れない。

この写真が新たな記憶への扉へと繋がれば幸いです。

F_0001
F_0002
F_0003
F_0004
F_0005
F_0006
F_0007
F_0008
F_0009
F_0010
F_0011
F_0012
F_0013
F_0014
F_0015
F_0016
F_0017
F_0018
F_0019
F_0020
F_0021
F_0022
F_0023
F_0024
F_0025
F_0026
F_0027
F_0028
F_0029
F_0030

PORTFOLIO

Architecture_Scandinavia

sc_0001
sc_0002
sc_0003
sc_0004
sc_0005
sc_0006
sc_0007
sc_0008
sc_0009
sc_0010
sc_0011
sc_0012
sc_0013
sc_0014
sc_0015
sc_0016
sc_0017
sc_0018
sc_0019
sc_0020
sc_0021
sc_0022
sc_0023
sc_0024
sc_0025
sc_0026
sc_0027
sc_0028
sc_0029
sc_0030
sc_0031
sc_0032
sc_0033
sc_0034
sc_0035
sc_0036
sc_0037
sc_0038
sc_0039
sc_0040

PORTFOLIO

NEW WAVE

new_wave_0001
new_wave_0002
new_wave_0003
new_wave_0004
new_wave_0005
new_wave_0006
new_wave_0007
new_wave_0008
new_wave_0009
new_wave_0010
new_wave_0011
new_wave_0012
new_wave_0013
new_wave_0014